メインイメージ

デメリットについて

ホームページ作成のデメリットについて

近年、WEBデザインの技術が目覚ましく進歩しています。数年前のホームページと比較して、デザインが洗練され、見やすいものが簡単に作成できるようになってきています。勿論、それに伴って製作コストも安く抑えることができるようになってきている現状もあります。しかし、WEBデザインの技術を持たない人が一からWEBページを作成していこうと思っても、学習時間をとることができない、製作時間をとることができない等の関係で無理な場合も多いでしょう。そういった意味で、ホームページ作成を外注する方が多いのも一つの現状と言えます。

そうまでしてホームページを作成するメリットは何なのかというと、簡単です。容易に自身が発信したいものをWEBに乗せて世界に見てもらうことができます。個人であれば、趣味でやっていることを他者に評価してもらうことができます。あるいは同じ趣味を持つ人とコミュニティを形成する種になります。また、アフィリエイトでお小遣い稼ぎをすることもできます。企業であれば、商品をPRしたり通信販売をすることができます。知名度向上にも繋がります。この様に、ホームページ作成のメリットを挙げていけば枚挙に暇がありません。

しかし、ホームページ作成には、素晴らしいメリットもあればデメリットも数多く存在しているのです。
例えば、あなたが通信販売の会社を経営しようとしている社長さんであるとします。勿論ホームページを作成しようとするでしょう。その際、個人で作成するにあたっては、あらゆる手間が発生します。商品を見やすくするためのレイアウト、消費者に受けるデザイン、考えなければならないことがいくつもあります。そう、一つ目のデメリットは「ホームページ作成には手間と時間がかかる」ということです。

ホームページを作成するためにはサーバーを用意しなければなりませんので、レンタルするかサーバーを自身で用意する必要があります。そこで二つ目のデメリット、「コスト」が発生します。ホームページ作成を始めるための初期投資と、それを維持し続けていくための維持コスト。ホームページを作成するならば、これらを計算した上で自身にどういう利益があるのかを分析し、作成を実施する必要があります。

そして、いつまでにホームページを作成しなければならないかを意識しなければならない場合、個人で作成を進めていくのは無謀であると言えるでしょう。趣味を公開するだけの簡易な機能を持ったホームページであれば勿論可能ですが、通信販売など大規模なホームページを制作しようとなると、外注を実施したほうが良いでしょう。そうすれば勿論、コストが再度上乗せされます。
要は、自身が作成したいホームページのレベルはどの程度のものかを確認したうえで、コストを見定め、作成することが大事ということです。”

Copyright© 2016 ホームページ作成の自作に取り組む際に必須のものは三種ある All Rights Reserved.