メインイメージ

アルバイト従業員

アルバイト従業員を雇う場合は自主性を尊重させる

アルバイト従業員には、正社員ほど責任感があることは稀であると考えるのが自然です。ホームページ作成の技能を有しているのであれば、面接できちんと受け答えすることが可能なら採用されやすく、職場を転々とすることが容易だからです。いくらでも働き口がある場合が多いので、ホームページ作成の現場で業務に取り組むアルバイト従業員には責任感が欠如しやすいと言えます。

当事者意識を持たせるために、ホームページ作成業者の中にはアルバイト従業員にも手厚い教育を施すことが少なくありません。しかしながら、いくら教育体制を充実させてもアルバイト従業員は多くのノウハウを抱えたまま同業他社に移籍しやすい傾向があります。したがって、ホームページ作成業者特有の開発ルール以外の習得はアルバイト従業員個人に任せるスタンスを取らなければ、積み重ねてきた技術ノウハウが流出してしまいかねません。

ホームページ作成の世界は実力主義なので、開発スケジュールを乱す従業員には厳しくしなければなりません。たとえアルバイト従業員を雇い入れていたとしても、技術力の低さを理由に甘やかすことは控えることが賢明です。雇用形態を基準として特定の従業員に厳しくしない決断を下すと、ほとんどの場合で正社員の大きくなってしまいます。これが常態化してしまうと、多くの正社員が疲弊してしまい転職を考えて実践する人が増えてしまいかねません。そうなるとホームページ作成業をまともに継続することが難しくなるので、雇用形態を問わず従業員には当事者意識を持たせて実力が足りない場合には厳しい指導をする必要があります。

厳しい指導が大切である一方で、直接的に叱責する方法はいただけません。ホームページ作成の開発チームの中で足手まといになるような従業員には、日常的に危機意識を持たせるようにすることが肝心です。一例としては、従業員の誰かの技術力が低く機能実装に遅れが生じている際には、他のメンバーが救いの手を差し伸べる頻度を低くすることが効果的です。納期に余裕がない場合を除いて、割り振られた作業は責任を持って対応するように仕向けることが大切です。そうすると、自発的にホームページ作成の技術力を高める必要性に駆られた従業員は研鑽を積むようになります。

ホームページ作成業者は、アルバイト従業員を長期的な戦力として捉えないようにする必要があります。遅かれ早かれホームページ作成の同業他社に移籍することが考えられるので、技術力向上の教育は必要最低限にして自主性に任せることが重要です。”

Copyright© 2016 ホームページ作成の自作に取り組む際に必須のものは三種ある All Rights Reserved.