メインイメージ

必須のものは三種ある

ホームページ作成の自作に取り組む際に必須のものは三種ある

ホームページ作成を自社内だけで行いたい場合には、必須のものを三種類だけ用意しておくことが求められます。その全ては、自作に取り組む際の作業をスムーズにしてくれるものばかりです。何か一つだけでも欠けてはならず、是が非でも用意しなければならないと言っても過言ではありません。

仕様書を作成しておかないと、自作でホームページ作成に取り組み始めてから修正する必要性に駆られる箇所が多くなります。制作物のコンセプトが固まっていたとしても、それを形にするための設計書が存在しなければゴールが明確になりません。作業をスタートさせてから壁にぶつかったとき、骨子となるものがないと現状から逃げ出すために代替案を立ててしまうことにもつながります。そうなってしまうと一向に作業が前に進まないので、最初に仕様書を作成しておくことが重要というわけです。

ホームページ作成を業者に依頼しないのであれば、技術的な問題を自身たちだけで解決しなければなりません。自作に慣れている人が身近に存在したとしても、日々新たな技術が登場しているホームページ作成の世界では参考となる情報が欠かせないと言えます。そのため、ホームページ作成に関する技術書を用意しておくことが肝心です。
自作していると、ホームページ作成のローカルルールが大量に出来上がる傾向にあります。

ホームページ作成の作業を本業として行っていない人たちが自作に取り組むと、コーディング規約があってないようなものになりかねないからです。ローカルルールを歓迎しないものとして認識するのではなくて、関係者ではない人でも手直しが可能な状態にしておくために備忘録を作成しておくことは効果的です。ホームページ作成に関わったメンバーがいつまでも会社に在籍しているわけではないので、遅かれ早かれ後任の担当者を任命して運営作業を引き継いでもらう必要があります。

ホームページ作成は、行き当たりばったりの作業を進めているだけでは一向に完了しません。自作ならなおさらであり、開発ルールを記録したドキュメントや困ったときの助けになる書籍を手元に置いておくことは効果があります。それらを用意することの目的は、誰がホームページ作成の作業に関わったとしても自作に携わったメンバーと同等のパフォーマンスが発揮できるようにするためです。作りっぱなしではなく、長期的な目で見て考えたのであれば必須のものは最低でも三種になるというわけです。”

Copyright© 2016 ホームページ作成の自作に取り組む際に必須のものは三種ある All Rights Reserved.